イメージ

ドライタイプとウエットタイプ

キャットフードはドライタイプとウエットタイプに大きく分かれます。
ドライタイプはカリカリなどと呼ばれることもあり、猫が食べている近くにいると噛む音がカリカリと聞こえてきます。
もっともオーソドックスなタイプの餌であり、各ペットフードメーカーからたくさんの種類が発売されています。
比較的安価なドライタイプのキャットフードは大きな袋に入っていることが多く、やや高めのものは小袋に1食分くらいずつ分けてあるものが多いです。
小分けになっていて人気のキャットフードはこちら
また、こちらにも書いてありますが、安価なキャットフードには添加物が多く含まれている可能性が高く、愛猫の健康に害を与える危険性があります。
そのためできれば無添加のキャットフードを選んであげましょう。
ウエットタイプのキャットフードは、見た目は人間が食べる魚の缶詰によく似ています。
容器も缶詰に入っているものが多いです。
缶詰以外では小袋入りのものもあります。
ドライタイプのものは固いですが、ウエットタイプは柔らかくて食べやすいです。
猫の年齢が若いうちはドライタイプのものをメインにし、たまにウエットタイプのものを与えると良いです。
高齢になってくるに従って、ウエットタイプがメインになって行きます。
こちらではキャットフードの保存方法が詳しく解説されています。
どんなに品質の良い商品を買っても保存方法をしっかりしていなければ意味がありません。
とくにウェットタイプは封をあけたらその日のうちに使い切るようにしましょう。