イメージ

キャットフードは猫の年齢に合ったものを与えよう

猫を飼っている人は、餌としてキャットフードを与えることが多いです。
キャットフードにはバランス良く栄養が含まれているため、猫が健康に育つことができます。
また、袋から出すだけで与えられるため、手間もかかりません。
同一メーカーでも、かりかりのドライタイプのものから、ウエットタイプのものまでさまざまなラインナップがあるため、飽きることなく食べられます。
ドライタイプのキャットフードについてはこちら
ウェットタイプのキャットフードについてはこちら

そして、キャットフードには対象年齢が記載されているものも多いです。
これは、猫の成長度合いや老化具合に応じて、栄養成分を調整しているためです。
中には年をとった猫に対しても、若い猫用のキャットフードを与える飼い主もいますが、猫の健康を考えるとそれは避けるべきです。
若い猫用のキャットフードの方が栄養が豊富に含まれていますが、年をとった猫にとっては身体への負担が大きいためです。
特に猫は腎臓が弱い動物であるため、腎臓への影響が大きく出てしまいます。
猫を健康な状態で長生きさせたいのであれば、年齢に合ったキャットフードを選ぶようにしましょう。
成猫になったのに子猫用を、高齢猫になったのに成猫用を上げ続けているとカロリーオーバーにもなり、どんどん太ってしまいます。
カロリーコントロールをしてあげることも飼い主さんの大切な役割です。
少し肥満傾向かな?と思ったらダイエット用のキャットフードに少しずつ切り替えていくと良いでしょう。